ナース

うつの克服方法

男の人

心のコントロール

うつ病は、ストレスが原因で発症する精神疾患です。そしてうつ病の治療方法というのは、実は本格的に確率されているというわけではありません。一般的には、抗うつ剤と呼ばれる症状を抑える薬を飲みながら、徐々に治療をしていくという方法がとられます。症状によっては睡眠薬などの薬を同時に処方される場合もあります。しかし、うつ病は抗うつ剤を飲んだからと言って治る病気というわけではありません。長い時間をかけた心のケアと、周囲の協力と理解が、治療に必要なものになってきます。そして特に重要なのは、しっかりと休む、ということです。うつ病の患者は、責任感が強く、まじめで考え込むタイプの人が多いと言われています。そのため病気を発症したあとでも、病気になってしまったことで周りにかかってしまう迷惑や仕事のことなどを考えてしまい、されに症状が悪化してしまうことが多いのです。しかし、そのようなときこそ、堂々と休むということをしなくてはなりません。リラックスした休養を取ることで、心が徐々に落ち着いてくるようになります。病気になってしまったことをしっかりと認め、休む時はしっかり休む、というクセを付けることが大切です。休養期間というのは、治療を行うに当たって必ず必要なことです。もし、うつの原因が会社での残業が多すぎるストレス、などであった場合、十分な休養を取ることで回復に向かっていくようなこともあるからです。休んじゃだめだ、うつは甘えだ、と考えることが何よりも危険なことなのです。また、前述のように抗うつ剤を使った治療法においては、必ず用法、用量を守るということが大切になってきます。早く治さなくてはならない、というプレッシャーから、処方されて薬を多く飲んでしまう、といったこともしばしばありますが、それは逆効果になってしまうことがあります。焦らず、医師から言われた用法、用量をしっかりと守ることが、回復への近道です。さらに、家族や周、人の支えというのも治療にとって不可欠です。周りが過度に、早く良くなって、というようなプレッシャーを与えると、その重圧感からさらに症状が悪化してしまうことがあります。家族の場合は、余計なことはせず出来るだけ自然に接すること、また会社の同僚である場合などは、しっかり休んで良いということを伝えてあげるようにしましょう。周りからのプレッシャーを感じなくなると、患者の心にも若干余裕が出てくるようになります。このようにして心をうまくコントロールすることが重要です。うつ病は、時間をかけて治していく病気です。焦る、焦らせる、プレッシャーを与える、がんばらなくてはと思う、ということが何よりのタブーです。また休養期間中には、自分の好きなことをしましょう。趣味の世界に浸ってみたり、旅行へ出かけたりなど、出来るだけリフレッシュできることをすることで、良い方向へ向くことがあります。部屋の模様替えや、断捨離などをして心機一転を図ってみるのも良いかもしれません。うつ病とは、最終的には自分の心との戦いになります。心に負けないように、しっかり休みを取って心をコントロールさせましょう。